手術以外の視力回復方法を紹介しています

手術以外で視力を回復する方法

目が悪くなったら眼鏡をするのが常識的ですが、実際ではレーシックという手術で眼鏡なしの暮らしが可能なようになりました。

 

ただしこのレーシック、誰でも可能なわけじゃないんです。

 

レーザーで角膜を細工して、屈折率を変える事でピントを調整するというのが手術の全体ですが、角膜が薄い体質の人やすでに目に疾患があるケースは施術ができません。

 

そうでなくても手術そのものに抵抗のある人はいると考えます。

 

調査してみると手術以外にも視力を回復させるテクニックがあるようなので、局所の中身ではありますが解説します。

 

 

オルソケラトロジー

特殊な加工がされたコンタクトをはめて寝るだけ。

 

起きたらレーシック同じく角膜が変形しており、これによって視力も上がっているというものです。

 

未成年でも行えるほか、何かあってもコンタクトをはめなければ元通りと安心性も高い技術です。

 

反対に言えば、寝る度コンタクトをする手間があるのが難点。

 

一般のコンタクトと同じく、衛生管理もちゃんとしないといけません。

 

 

目のストレッチ

ピントが合わないのは目の筋肉が凝り固まってしまっているからです。

 

ならばほぐせば働き回復も望めるという事で、目の周囲の外眼筋、内面の毛様体筋をほぐすテクニックを解説します。

 

外眼筋

 

・目を思いっきり閉じてから、目を開けて10秒上を見る。

 

これを下、右、左と計4回繰り返します。

 

・∞の字を指で描き、目で追う(3回)。

 

・指を奥から手前へ動かして目を追う(3回)。

 

 

毛様体筋

・立てた指の一点を定め、じっと見つめる。

 

・1秒かけ指を遠ざけた後、3秒かけ、顔前10cmまで近づける(最大3分、これを反復する)。視力回復の信頼性や即効性はレーシックやオルソケラトロジーと比較し、必然的に劣ってしまうのが難点ですが、初期コスト、確か性は言わずもがなと危険性は限りなくゼロ。

 

思い立った時に可能な楽々さも大きな長所の一つです。

 

ほんの部分だけになってしまったのが心残りですが、他にも手法はあるんだよという事で、ポイントにしていただければと考えます。

 

このような本格的な視力回復トレーニングを当Webページでは実のところに体験しました。

 

体験テキストは以下を参照ください。

 

 

 

>>視力回復トレーニングはコチラをクリック