近視にカシスが効果あるのか?

目にいいカシスの気になる効果とは

長時間、目を酷使するような仕事を続けていると目がショボショボしたり瞬きしづらくなりますよね。

 

パソコンの画面を見続けているからなのはわかっているのですが、大事な業務なので画面から離れられないし、止められませんよね。

 

1時間ごとに10分の休憩をとったりするだけでもだいぶ目への負担は和らげる可能なのですが、骨が折れるな手法ではなく目の負担を食い止める事ができ視力回復可能なテクニックがあれば知りたいですよね?そのような中、著名になったのが目に良い成分を含むブルーベリーでした。

 

けれども、それよりも目に影響のある食べ物があるとしたら如何にでしょう?心配になりますね?私も気に掛かります。

 

ブルーベリー以上の力を持つ食べ物、それはカシス。

 

カクテルとかで聞き覚えがありますよね?あのカシスです。

 

ブルーベリー同じく、一般的にベリー系と称される果物の一種で、ブルーベリーよりも一回り小さい実を結びます。

 

完熟すれば食べる事はできますが、強い酸味を持つため元はお酒やジュース、スナック等に加工される事が多々あるです。

 

 

カシスのアントシアニンの含有量

カシスにもブルーベリー同じく、網膜の回復を助けるアントシアニンという成分が内蔵されていますが、ブルーベリーの含有量と比較し、カシスは実に5倍の量を誇示します。

 

他にもこの“カシスの”アントシアニン、ブルーベリーのものとは異なる働きを持っており、血管の血流を改善する作用があり、筋肉の緊張が緩やかにさせるという影響があります。

 

早い話が水晶体の周囲にある筋肉をほぐし、ピントをマッチしやすくしてくれるというわけです。

 

先にも述べたように、ブルーベリーにはカシスに無い働きを持っています。

 

ロプトシンというたんぱく質が眼球にあるのですが、これは“物を見た”という情報を脳に伝達する時に使われる物質です。

 

より多くの伝達がなされた、要は目を酷使して疲れてくると、このロプトシンが弱まってきますが、ブルーベリーのアントシアニンには、分解されたり、弱まったロプトシンの再組み合わせを促進する事で目の疲れを取るという働きを持っています。

 

どっちかを食べ続けても、視力回復の影響がありますが、目の筋肉の緊張を和らげたいならばカシス、目の疲れを取りたいならブルーベリーと活用をした方が、より良い成果が見込めそうですね。

 

加えて、カシスよりも視力回復成果が高いテクニックがあるのをご存じですか?当Webページでは1日10分のトレーニングで嘘のように視力が回復するメソッドを解説しています。

 

何とぞ、以下のページをポイントにしてみてください。

 

 

 

>>サプリメント以外で視力を回復する方法はコチラ<<

 

 

よく読まれている人気記事