視力回復の方法・比較なら

成長期の子供って視力が低下しやすいって本当!?

今の時代、街中を見ると、携帯ゲーム機や電話にくぎ付けの子供をよく見かけます。

 

それもこのご時世なのでしょうがないと言えばそれまでですが、小さな子供の目にとってはあまりいいものではありません。

 

平成24年に文部科学省によって「裸眼視力1.0未満の児童」の比率が質問されました。

 

下の表は、それを昭和54年からの数値と対比した事例です。

 

 

 

 

幼稚園

16%→28%

小学校

18%→31%

中学校

35%→54%

高校

53%→64%

 

明らかに視力の悪い人のレートが多くなっており、若年であるほど顕著になっています。

 

そもそも視力が下がることは、どんな状況なのでしょうか。

 

目から見た風景や物体は、水晶体(レンズ)を通り、網膜(フィルム)に映し出されます。

 

このカメラの仕組みに似た一連の流れが物を見るという事です。

 

いつも水晶体は伸び縮みをしてピントを当てはめていますが、調節がうまくいかなくなると網膜に映る像がぼやけてしまいます。

 

これが目が悪くなった状況、つまり近視であるという事を指します。

 

先述した“ゲームが目に悪い”という話ですが、実際にいけないのは「長時間一点を見続ける事」です。

 

長時間同じ画面を見続けることで、ピントを変える機能を使わないために、水晶体周囲の筋肉が凝り固まってしまう事で、通常の調節性能が弱くなってしまうためです。

 

人は誰しも環境に適応する力を持っています。

 

この適応力が発揮されるのは成長期、若年であれば大人よりも高くなります。

 

小さい頃からゲームやスマホのような画面の一点を注視し続ける毎日を送ってしまっていることこそが、我が子の視力が下がりやすいと言われる訳です。

 

落ちてしまった子供の視力を回復する手法としてメガネやコンタクトがありますが、それ以外のメソッドとして、視力回復トレーニングがあります。

 

成長期の子供の視力は落ちるのも早ければ、回復するのも早いと先に述べました。

 

ですが、視力回復トレーニングではメガネのように直ちに視力の数値を上げる事や、元来備わっている視力以上に数値を上げる事はできません。

 

が、若い子供であれば適応力という武器があれば、通常の視力を取り戻すという事は十分にできるでしょう。

 

視力が落ちるのが早い成長期であれば、反対に視力回復の成果が早いのも事実です。

 

我が子の未来を考えれば視力を回復するのは早い方がいいに決まっています。

 

子供の視力回復を実現できる可能性の高い視力回復トレーニングで子供の目を両親が守ってあげましょう。

 

 

 

>>手遅れになるまえに!?子供の視力を回復する方法<<

 

 

よく読まれている人気記事