疲れ目を改善する目のストレッチ体操のやり方です

目の疲れを改善するストレッチ体操

「目が疲れてくるとショボショボしてきてうっとおしいけど、病理じゃないし寝れば治るよね?」とお考えの方、そんなふうに腹積もりていた頃合が私にもありました…目が疲れてくるのはデスクワーク等で眼球が動かす機会が少ないから。

 

一休みをはさめば目は休まりますが、目の疲れが慢性化すると…やがて眼精疲労となり、どんだけ目を休ませても疲れがとれなくなる眼球周囲の筋肉が固まって血管が収縮、目の動きも血行も悪くなる

 

という怖い事態に陥ってしまいます。

 

そのような事にならないために、何個かストレッチのテクニックを集めてみたので、ポイントにしてみてください。

 

 

外眼筋ストレッチ

 

眼球の周囲には外眼筋という筋肉があって、目線を変える時等にこの筋肉は働いています。これはその外眼筋をほぐすためのストレッチです。

 

・目を思いっきり 閉じてから、目を開けて10秒上を見る。

 

これを下、右、左と計4回繰り返します。

 

・*∞の字*を指で描き、目で追う(3回)。

 

・指を*奥から手前へ*動かして目を追う(3回)。

 

やってると間違いなく変顔になりますが、恐れることなくやりましょう。

 

 

 

毛様体筋ストレッチ

外側の外眼筋に対して、今度は眼球内側にある毛様体筋をほぐします。

 

水晶体を引っ張ったりして、毛様体筋は日頃ピントを当てはめていますが、PC作業等で視点が動かないとナンバーワンに固まりやすい筋肉でもあります。

 

・立てた指の一点を定め、じっと見つめる。

 

・1秒かけ指を遠ざけた後、3秒かけ、顔前10cmまで近づける(最大3分)。秒数が決まっているのは毛様体筋を緩ませたり、過剰に緊張させないため。

 

他にもやりすぎても逆成果になるので、この2点を踏まえつつ行ってください。

 

 

まばたき

1番楽々に可能なメソッドですね。

 

意識してまばたきする事で、目の筋肉を休める事が可能なうえ、更にまばたきによって眼球の上に涙の膜をつくり、目の乾かすを防ぐ事ができます。

 

業務で疲れてしまったら、気分転換も兼ねてやってみてください。

 

幾分か楽になるはずですよ!その上余裕にお家で本格的なトレーニングで視力を回復させたい方は以下を参照ください。

 

疲れ目も改善できて視力まで大きく上乗せする手法です。

 

 

 

>>視力がグングン回復!自宅でできるトレーニングはコチラ<<