子供の視力回復マッサージなら

疲れた目を放っておくと危険!?目の疲れを取る簡単マッサージ

子供の目の疲れを取りながら、視力を回復させるマッサージ方法についてお伝えします。

 

今では大人と同じように子供も目の疲れを感じる事が多くなっています。

 

子供も大人と同じく、今の時代では、PCやテレビ、ゲーム、携帯などを長時間する事が多くなってきてます。

 

子供のPCやテレビ、ゲーム、携帯による疲れ目は視力の低下につながり、あまり目に負担をかけ続けると、近視を進行させてしまうきっかけにもなります。

 

子供は夢中になると、集中してしまうため、目の疲れを気にしないで行動してしまいます。

 

なので、息子の目を守るためには周囲の大人が子供の暮らしをよく見て、助言をしたり対策を取らなければなりません。

 

我が子を疲れ目にしないために、周囲が子の暮らしをよく観察し、適切な対策やアドバイスする事が不可欠です。

 

 

子供へのカンタン視力低下対策

具体的には、物を見る時に、PCをする時なら50センチ以上、本を読む時なら30センチ以上、テレビを見る時なら1メートル以上と適切な距離を保ち、離れて見る習性づけする必要があるんです。

 

長時間のテレビやゲームなどは目を疲れさせるので、途中で目を休ませる事も必須です。

 

万が一目の疲れや、視力低下がしてきたら、適切な時にメガネやコンタクトをつくる事も大切です。

 

加えて、長時間PCをしたり、テレビを見た後は、疲れ目、ショボショボ目になりやすいですよね。

 

目が、ショボショボしたり疲れるのは、目の血管が血行不良になってしまった時に起こるそうです。

 

このような症状になったケースは、熱したタオルで目を覆うようにし、反対に、目の充血のケースは、炎症しているステータスなので、氷水で冷やしたタオルで目を覆うようにするといいです。

 

加えて、疲れ目やショボショボ目には、マッサージも成果的です。

 

目のツボは、目の左右どっちもにあって、指でおさえるとわずか苦痛のあるところです。

 

ざっと、4回から6回くらい指で押してから、眼球を手で強く押したり、目をこすったりせずに、ツボの周囲を軽くマッサージすると効果があります。

 

マッサージは疲れ目やショボショボ目の対策になるので疲れ目の子供には必須です。

 

ただ、一段と本格的なマッサージやトレーニングを行えば目の疲れだけでなく、視力まで回復可能な事をご存じですか?

 

どうせ目の疲れを取るマッサージを行うのであれば視力回復につなげられたらいいですよね。

 

ウソのような技術を紹介します。

 

気になる方は下記のリンクをクリック。

 

 

 

>>子供の視力が嘘のように本当に上がった視力回復方法<<

 

よく読まれている人気記事