川村明宏のジニアスアイの購入してみたネタバレレビューなら

川村明宏のジニアスアイ 購入してみたネタバレレビュー

川村明宏のジニアスアイを購入したので教材の画像を使いながらどんな内容なのかネタバレしながら解説していきます。

 

ジニアスアイを実践すると本当に自分の視力アップにつながるのか、無理なく毎日実践できる内容なのかがわかります。

 

 

川村明宏のジニアスアイの内容

 

川村明宏のジニアスアイはパソコンのアプリbookenddesktopを使って読んでいく仕様になっています。

 

このbookenddesktopとは電子書籍を読むツールです。

 

普通であれをばそれ以外の視力回復教材と同じように、教材の内容の良くない点やいい点を解説していきたかったのですが、このbookenddesktopで読む川村明宏のジニアスアイは著作権上、画面のキャプチャーや印刷ができないようになっています。

 

教材を印刷して読みたい人、アプリケーションを通してしか読めないためPCにPDFを保存したいという方は他にの教材のように保存できないという点に用心してください。

 

川村明宏のジニアスアイをネタバレレビュー!

それではこれから川村明宏のジニアスアイの中身を暴露しながら批評していきます。

 

※この教材はbookenddesktopを使用するため画面のキャプチャができないため、カメラでPCの画面の教材を撮った写真を使っています。

 

なので、文字が読めなかったり、見づらかったりするかと考えますがご了承ください。

 

最初にこのジニアスアイの流れを解説します。

 

初めは視力についての基礎知識についての紹介です。

 

目の仕組みや、視力が低下する要因、視力を上げる事が可能な要因などが紹介されています。

 

なにごともものごとの仕組みが曖昧であると知識は定着しません。

 

ちょっと難しかったり読みづらかったりしますが我慢して読み進めるように意識しました。

 

第二に、現在の自身の目の状況を理解するためのテストを行います。

 

 

 

 

これは特典の光アイクラスですがこれの使い方は書けませんが、これを利用し自らが視力回復可能かどうかが見極めることができます。

 

第二にジニアスアイの実践に入ります。

 

目のストレッチ・トレーニングを数々の手段で行います。

 

この具体的でみんな実践可能なテクニックがいつも鍛える事ができない目の筋肉を鍛えます。

 

 

 

 

 

 

 

 

上のイラストのようなメソッドを使って目のトレーニングを行うのですが、わたしが購入した教材のなかでジニアスアイがトレーニングの種類が最も多いです。

 

飽きっぽく一つのトレーニングを続ける事ができないという方にはいいかもしれないですね。

 

トレーニングのやり方を解説した後は視力回復に成果のある食生活についてです。

 

 

 

視力回復で大きな成果を得るためには、食事などの一見係りないようなところにも気を遣わなければいけません

 

上の挿絵は視力回復に影響のある材料を使った献立です。

 

 

 

特典の14日間アクションプログラムです。

 

マニュアルをすべて読み終わってからこの14日間アクションプログラムに移ります。

 

14日間の視力回復トレーニングのメニューです。

 

この14日間アクションプログラムは具体的に14日間の流れが書いてあるので拍子抜けするくらいに手軽に実践できます。

 

これなら自身で計画を立てたり、計画通りに実践できない方でも心配無用ですね。

 

 

 

自らの目の状況の参考に視力回復まで手取り足取りきめ細やかに教えてくれます。

 

全部を通してみて、どの教材よりもトレーニング手法が多いです

 

ただ、PCに保存もできず印刷もできないbookenddesktopを採用しているのは他の教材よりかなりユーザビリティーが悪いです。

 

その点が心残りでした。

 

やはりジニアスアイは、中身がいいのにユーザビリティーが悪いのは大きなデメリットと言えるでしょう。

 

視力回復に大事なのはどの教材でも言われている通り、愚直に毎日トレーニングを続けていく事にあります。

 

トレーニングを1週間、2週間と続けていくなかで教材の利用しやすさはかなり肝心な点になってきます

 

なので操作感や値段から見てみても田中謹也のアイトレーニングがイチ押しの視力回復教材だと改めて実感しました。