知っておきたい視力の知識

知っておきたい視力の知識記事一覧

病が治らない、もしくは自身では治せない方々にとっての最後の砦は病院です。視力低下においてもそれは同じです。この事例、眼科にかかったのであれば、状況を診てもらってから薬を処方されるわけですが、その中に「ミドリンM」という点眼薬があります。わざわざ医療組織からもらうものなのだから成果があると思われますが、実のところはどれだけ効くんでしょうか?眼科で処方されるミドリンM・ミオピンの効果散瞳薬とも呼ばれる...

気が付いたら悪くなっていたなんてものは世の中に豊富にありますが、視力はその内の代表格なんじゃないかと考えます。視力低下のきっかけと一言で言っても老眼や外的要因によるものもありますが、多くの方は近視に悩まされているのではないでしょうか?その上近視にも他にも段階があるのです。視力が悪くなるという事は、網膜(フィルム)に像が結びつかなくなってしまったステータスをさします。問題が網膜にあるのか水晶体(レン...

いつの間にか物が見えづらくなっているというのが近視の怖い所です。ただ、近視とひとくくりに言っても、大きく分類て「仮性近視」と「真性近視」の二段階があります。もしかするとこんな事を聞いた事があるかもしれません。「真性近視だと視力回復ができない・・・」実のところのところは如何になのでしょうか?例えるなら、仮性近視とは近視になりかけのステータスと言えます。近視の初期にあたり、水晶体周囲の筋肉、毛様体筋が...

ここ今頃とてもトピックになっているオルソケラトジーですが、手間なくに解説すると酸素透過性の高いコンタクトレンズを夜間に装着して寝る事によって角膜形状を矯正します。その結果によって得られえる成果としてレンズを外した後も一定期間裸眼視力を維持する事が可能なようになり、米国連邦航空局のパイロットの近視治療法としても認められています。五感からの情報を活用して瞬時の決断が必須となってくるパイロットの近視治療...

日頃視力の数値なんて気に留める事はないし、明確させる機会もあまりないのですが、いざ自身の視力がいくつなのかわかると「ああ、こんな悪くなったんだな」とがっくりきます。けれどもここで、「視力の下限はあるのか」という質問が浮かびました。アフリカの方々の6.0は本当なのかという話よりは、下限の問題の方が私達には気に掛かる質問です。視力検査表でお世話になるランドルト環。3m離れた表にあるトップ大きなCマーク...

人というものはアダルトを通り越すと老けてしまうもの。心残りながら常に若くはいられないのです。お肌や体に流れる時に抗うべく、アンチエイジングという医療が確立されたわけですが、いつも私達がお世話になっている目にはアンチエイジングは通用するのでしょうか?お年寄りが顔をわずか引いて本を読んでいる光景を見た事がないのですか?これが老眼と言われているものです。水晶体の弾力が失われてくるために、ピント調節が効か...

業務が終わったら皆様は何をして憩いをしてますか?音楽を聞くなり、長風呂に入るなり、各々の労い方というものがあると考えます。ただし、そのような事をしている間も“目”は日中同じく働き続けています。世間で言われる視力悪化は目の酷使によるものが大きなレートを占めています。疲れすぎてピントが合わなくなってしまっているからなんですね。従って目の疲れを取る事が支障がなければ、視力の低下を防止する事ができます。パ...

栄養素を摂る手段として、現在はサプリメントがありますね。今頃なんかでは目の疲労回復や視力の回復に作用するというサプリもあるくらいです。薬ではないんだし、いっぱい摂っても平気と思ってる方がいるかもしれませんが、それは間違いです。栄養素の多くは一度の体内の吸収に限界量があり、それを超えると排出されるだけです。ですが、中には過剰に摂取した事で体に悪影響がでる懸念のある栄養素もあり、サプリメントという形態...

あれが効くらしいとか、本当はそんなに成果がないとか、根拠のない話というものは挙げればキリなく出てきます。その話本当なのかなーと気にはしつつも、そのような有象無象はきっかけでもないと調査しられないというのも加えて事実。なので採り上げるのは、視力回復に係る噂を何個か調査してみました。目が悪くなったら遠くを見ろ!いきなり視力が上がる訳ではないのですが、現代社会においては成果アリのようです。日頃デスクワー...

身の回りの数値というものは必然的に気になってしまうものもあります。その中には視力の数値も入ってたりします。かれこれは「前より悪くなったなぁ」とがっかりする事がおおかたですが、現在のご時世では目によろしくない環境は多々あります。PCで長時間作業しなきゃいけなかったり、書類とにらめっこしなきゃいけなかったりと、うっかりすれば視力低下はあっという間です。中には「このまま視力が落ちたら、失明同然になるので...

「視力が落ちるのは眼球やその周囲が衰えだしたから」ありきたりの人はそう思い描くし、事実視力低下の要因の多くは眼球側にあるものです。けれども、情報の終着点である脳がきっかけで視力が落ちてしまう事例が、稀ではありますが影響します。いつも、眼球をクリアした光を脳が処理をして初めて、私達は物を見ていると認識できます。ですが、情報処理をする脳がどこかに異常をきたしてしまった事例、目からの情報が適切に処理でき...

視力回復をするときの基礎知識として我が子よりも、アダルトの方が視力回復は厄介なという事です。症状によってはアダルトになってからの視力回復が見込めないケースもある事を前もってに知っておく事は価値があるです。けれども、視力回復をあきらめろというわけでは決してないので、そのような基礎知識を踏まえた上で成果的なメソッドが見つかったのならばアダルトになってからでも挑戦してみるとよいでしょう。何をやっても効果...

視力が0.05程度から1.5や2.0というような様子にまで視力回復をする事はできるなのかという事ですが、実のところにはかなり困難なといえるでしょう。とても優秀な視力回復トレーニングを活用したとしても無理とはいいませんが、その一方でかなり困難な道のりになるはずです。視力回復トレーニングで多くの我が子が視力を回復した実績がありますが、この事からも視力回復は早期発見、早期行えるが価値があるだという事がわ...

視力回復トレーニングを活用した人達の実績を見てみると、小学生や中学生などに高い成果が発揮されている事がわかります。このような結果を見ていて思う事は、高校生なども視力回復トレーニングで視力回復する事はできるなのか、という事です。名高いな視力回復トレーニングの解説ページなどを見ていると、トップアスリートなどもトレーニングを採りいれて視力回復に成功している事もあって、高校生なども十分に視力を回復させられ...

メガネが普段暮らしで大きな障害になっているという人は多々あるでしょう。メガネが暮らしの中で厄介になってしまうのは、我が子に特に顕著に見られる例です。我が子は外でボールなどを使ってスポーツをしながら思う存分に走り回ったりするので、不必要にメガネが厄介になってしまい、それが嫌でストレスを溜めてしまったりする事もあります。他にも、息子がメガネを使用する事による悪い面は他にもあって、スポーツ中にボールなど...

「眼鏡をかけると視力が下がる」眼鏡をかけている方なら、多くの方が経験する現象です。3年前に眼鏡を作り替えたのに、いつの間に加えて視力が下がる・・・実を言えばこれ、間違えたメガネの使い方をしているためです。メガネは道具です。包丁も正しく使えば食料品を切れますが、間違えて使用すると怪我をします。メガネも正しい使い方さえすれば、視力を矯正しつつ、視力が下がる事はないのです。包丁の扱い方はよく知られていま...

眼鏡をかけている人ならば一度は裸眼での暮らしに意識た事があるのではないでしょうか。コンタクトレンズを付ければ眼鏡の煩わしさから部分解放されますが、そこまでしても慎重なケアが必須だったりして、パーフェクトに煩わしさから解放される事はないのです。けれども、どんなに悔やみしても悔やみしているだけでは、裸眼視力が戻ってくる事はないのです。行動は必須といってもレーシック手術などには、後遺症や合併症などの危険...