ブルーベリー、ルテインの視力回復効果は嘘!?

テレビや雑誌はウソ!?ブルーベリーの本当の効果

PCや携帯の画面の一点を見続けていると、目が疲れるとか、重くなるとか…そのような事がありますよね。

 

画面から離れて目を休ませる事が目には大事なのですが、集中していたり仕事でPCを使っていたりすると、休憩なんかはわりとできないのが現在のご時世。

 

そのような事もあってか、ちょっと前からテレビでは目にいいと言われているブルーベリーについてのCMや広告がいっぱい出ています。

 

ベリー系の果物は目にいいとか、ブルーベリーエキス配合のサプリで目がよくなった等…根拠があるから、そのように言われるわけです。

 

が、“何故、どんな感じで目に対して影響があるのか”を知っている方はあまりいないのではないでしょうか?

 

ブルーベリーが目に良いとされるのは、ブルーベリーに内蔵されているアントシアニンとルテイン、ビタミン群にワケがあります。

 

アントシアニン及びルテインはそもそも眼球内にも影響する栄養素で、アントシアニンは網膜、ルテインは水晶体の細胞回復を早める成果があります。

 

ビタミンBには諸々な種類がありますが、疲労回復、目の表面の保持、水晶体の成分であるコラーゲンの生成、血を増やす等、目だけに限定しない色々な影響を発揮してくれます。

 

これだけ見れば、ブルーベリーの成分が目に良いのは確かだし、広告が頻繁に流されている訳にも賛同がいくはずです。

 

…が、ここで大きな問題が一つあります。

 

眼球そのものには大いに成果がありますが、視力の回復そのものには結びついていないという事。

 

画面の直視による視力の低下、これは同じ所を見続けたために水晶体のピント調節がうまくいかなくなった事によるもので、網膜がどんだけ修復されても視力回復効果がないのです。

 

ビタミンB6及びルテインは水晶体の回復に影響はありますが、“目が悪くなった”と体感するまでに視力が落ちてしまった人は、“いきなり”かつ“劇的に”視力を回復させる事はできないのです。

 

「ならばブルーベリーで目なんてよくならないじゃないか!」と思うかもしれませんが、眼球の回復に成果があるのは確かです。

 

困った際のブルーベリー頼りというよりは、目をわずかだけでも休ませてブルーベリーで回復を補ってやる。

 

これが今どきの目のいたわり方なのではないかなと考えます。

 

ただ、実際に視力を回復させたいのであれば、わたし自身も実践している以下の視力回復トレーニングについてのページを参照ください。

 

手術等は一切行わずに現在までに987名もの人が視力を回復させた手段です。

 

 

 

>>サプリメントと併用で効果抜群!視力トレーニングはコチラ<<

 

よく読まれている人気記事