サングラスとピンホールメガネを使った視力回復方法

サングラスとピンホールメガネを使った視力回復方法

視力が悪くなってしまうと、多彩なマイナスがあります。

 

暮らしにも支障をきたしてしまいますし、集中力を使って暮らししなければいけないので、かえって疲れてしまい、集中できなくなってしまう、なんて事も。

 

お子様の勉学がはかどらないのも、本当は視力が悪かったら、なんて事もあるんです。

 

採り上げるのは、有効な視力回復手法についてお教えします。

 

何も持て余す手法を解説するのではないのです。

 

サングラスを使用したり、ピンホールメガネ、といった商品を活用したりするだけなんです。

 

たったそれだけで、劇的に目が良くなる、といった報告もあるほど。

 

では、実のところにサングラスとピンホールメガネとはどのようなものなのでしょうか。

 

どれほどの使い方をするのでしょうか、見極めしていきましょう。

 

 

視力回復アイテム「ピンホールメガネ」と視力

 

ピンホールメガネとは何か

造作なくに言ってしまえば、視力を回復するためのグッズです。

 

一見すると単なるアイマスクにも見えるのですが、よく見ると双方の目のところに5つずつ小さな穴が発見できます。

 

その空いている穴を使って視力のトレーニングする器具がピンホールメガネなんです。

 

とても影響が高い事でも知られており、実のところに活用している方も少なくないのです。

 

近視だけではなく遠視にも影響がある、とされています。

 

他にも老眼に対する成果もあるとされており、疲れ目にも良い結果をもたらす、と言われているんです。

 

ピンホールメガネの使い方

特にハードルが高い事はないのです。

 

いつもの暮らしで、決まった的にピンホールメガネをつけて暮らしするだけです。

 

当然住宅の外では手を焼くと思うので、家屋の中にいる時にかけながら暮らししてみましょう。

 

一例を挙げれば、・テレビを見ている時・テレビゲームや携帯ゲーム、スマートフォンゲームなどをしている時・PCを使用している時・本を読んだり、雑誌を読んだり、漫画を読んだりしている時といった時に用いてみましょう。

 

気づいてくれのは、上述したような行動をしている事例って目が疲れたりしますよね。

 

そういう時にピンホールマイクを使用して、目の疲れを和らげるする、といった事が大事なんです。

 

ピンホールメガネの小さな穴で眼を鍛えることができる理由

小さい穴の影響で、焦点が合いやすくなるからです。

 

我々は目を使っている時に、目の水晶体に虹彩。

 

いわゆる「光」が数多く入ってきてしまいます。

 

その結果、光の影響でものが屈折してしまい遠くのものをみるのが大いに大変なんです。

 

そこで見えるようにするためにも、毛様体といった目の筋肉を使ってなんとか見ているわけです。

 

けれども、いつも毛様体の筋肉を使ってものを見ていると、筋肉も疲労してしまいます。

 

その結果、どんどんと目が悪くなってしまうわけです。

 

そんな訳で出番となるのがピンホールメガネ。

 

前述した虹彩が全くはいってこなくなるわけです。

 

小さい穴しかあいていないので、光によって水晶体の凸レンズによる強い屈折が起きません。

 

遠くのものを見たり、細かいものを見たりしたとしても、焦点が完璧と合うようになります。

 

毛様体の筋肉も使わないでも美しいにモノが明確と見えるようになり、目の筋肉を使わなくなり、筋肉疲労も徐々に改善されるわけ。

 

結果的に目の疲れも落着し、物が見えやすくなる、といった結果が得られます。

 

知っておいてくれのは、ピンホールメガネには【毛様体筋の休息】影響がある、というところです。

 

目の周辺の筋肉をのびのび可能なようになり、目の周囲の血液のめぐりも良くなります。

 

血液のめぐりも良くなれば、他にも筋肉が緩んできて目の状況も良くなんです。

 

ピンホールメガネを使う際に気を付けること

突然視力が悪くなってしまった事例には、病を疑ってください。

 

如何なる視力の悪化にもピンホールメガネが役立ってくれるわけではないのです。

 

断っておきますがいつもの視力の悪化にそれに対しの成果を発揮するものなんです。

 

・緑内障・白内障・糖尿病・肝臓病上述のような病で視力が悪化する、という事も十分に心積もりられます。

 

仮に、ピンホールメガネを一定期間使ったとしても影響が得られなかった、という事例には、眼科などで突っ込んで参考にしてもらう、という事も重要です。

 

ピンホールメガネは万能ではない、という事も認識してくださいね。

 

100円ショップのピンホールメガネでも視力回復はできるのか?

一時的な視力回復成果は望みできます。

 

しかし、その影響はピンホール眼鏡をかけている事例のみです。

 

外してしまえば元通りになってしまいます。

 

本当の視力回復を目指したいのであれば、充分にとしたメーカーからでているものを選択しなければなりません。

 

他にも、ピンホールメガネは住宅にいる時になるべくつけて暮らしする、という事も重要になってきます。

 

単に視力回復が可能なというだけではなく、利用し心地も良い、といった観点を含めて選択しなければなりません。

 

インターネットなどの評判を応用して、より良いピンホールメガネを選択しましょう。

 

 

紫外線から目を守る方法

目が悪くなるきっかけとして紫外線があります。

 

屋外に出る機会が多々ある、という方は、紫外線の影響で目が悪くなっているかもしれません。

 

こちらでは、知れ浴の悪化をサングラスで防ぐ、という事についてお話します。

 

サングラスを使う目的

目の保持のためにもサングラスは活用されています。

 

眩しいと感じると目を細めますよね。

 

その時に、我々は目の黄肉を使っているのです。

 

その状況が長時間続くと、目が酷使されたのと同じ状況になり、視力悪化のきっかけとなってしまう事も。

 

スポーツ選手の多くが実のところにサングラスを掛けてプレーしています。

 

一例を挙げれば、昼間に長時間屋外でプレーする事の多々ある専門家ゴルファーの多くは、実のところに紫外線を活用しているのではないのですか。

 

スポーツ選手の時は、眩しさなどを防ぐための使用もしているのですが、体を守るためにも活用している事は間違いないのです。

 

そもそも、紫外線は目から入っても全身に影響を与える、という事がわかっているのです。

 

例を挙げると、紫外線をお肌が浴びるとメラノサイト(メラニンの細胞)が活性化して、お肌に色を付ける事は知っていますよね。

 

実を言えば、目から入った紫外線でも日焼けする、という事も知られているのです。

 

漁師さんが充分にと着込んでいるにも関わらず、体が焼けている、という事があるのですが、実を言えば目から入った紫外線の影響で、全身のメラノサイトが活性化して、日焼けしていたのです。

 

視力のためにもサングラスは大切ですが、美容的観点からも必須な商品です。

 

濃いサングラスと紫外線の関係

心象としては、濃いサングラスのほうが目には良いのでは、と思うのではないのですか?けれども、それは誤った知識なので用心してください。

 

濃いサングラスを掛けると、薄暗くなりますよね。

 

そんな訳で目をちゃんとと開くようになるわけです。

 

瞳のところが開くような感覚ですね。

 

その結果、色の濃いサングラスを掛けているのに、害悪な紫外線が入ってきやすい、といったステータスになってしまいます。

 

そもそも、UV切断量の多さとサングラスの色の濃度は一概に比例しているわけではないのです。

 

このところでは透明のメガネレンズでも、かなりの紫外線切断が可能なものも製作されています。

 

ですから、安易に色の黒いサングラスのほうが目に良い、と思って選択してでしまうのは大いにリスキーな事なんです。

 

紫外線をサングラスがカットするしくみ

色が黒いから紫外線が裁断されている、というわけではないのです。

 

・紫外線吸収剤・・・紫外線を吸収してくれる・紫外線散乱剤・・・紫外線を反射してくれる上述のような成分をレンズに使用しているものがサングラスなんです。

 

ついでに、それらの成分の応用手段についても二つあります。

 

・レンズの上にUV裁断成分をコーティングしている・レンズの中にUV裁断成分を練り込まれているコーティングされているのか、それとも練り込まれている、という異なる点もあるのですが、その実成果の持続性に大きな異なる点があるので用心しましょう。

 

コーティングされているだけの事例は、洗ったり、外気にさらされたり事でちょっとずつ剥がれてしまうんです。

 

しばらくすると、あまり影響が得られない、といった様子になりかねません。

 

一方で、UV切断成分が練り込まれている事例には、レンズの中で成果を発揮し続けるので、耐久性は抜群です。

 

目の為を心積もりてサングラスを選ぼうと思っているのであれば、UV裁断成分がレンズの中に練り込まれているものを選択すべきですよ。

 

紫外線は視力低下に関係しているのか?

そもそも、病による視力低下に係りしている事は間違いないのです。

 

目の病として白内障、といったものがあります。

 

長年に渡り、目に紫外線が入ってくる事で必然的に発症してしまう病なのです。

 

そもそも、80代や90代になるとほぼ100%が白内障を発症する、とされています。

 

フレッシュな時に浴びた紫外線の影響が年を重ねるごとに現れてしまうわけです。

 

紫外線には、お肌を老化させるパフォーマンスがある事は知られています。

 

言うまでもなく、目もお肌と同じように細胞からできています。

 

紫外線が目の細胞を老化させる確率、というものも腹積もりておかなければならないでしょう。

 

紫外線は眼球の角膜にどのような影響を与えるのか?

角膜に傷ができて炎症を引き起こす、といった見込みがあります。

 

言うまでもなく、一朝一夕に炎症が起きるわけではないのですが、長時間炎天下でサングラスやUV裁断系のメガネを掛けていなかったり、帽子を被らないで暮らしをしたりしている、という方はかなりリスキーです。

 

紫外線の影響で角膜に起こる影響を詳しく解説

「雪目」を知っていますか。

 

スキーをしている時に、雪に反射した紫外線を目に浴びる事で現れてしてしまいます。

 

本当は、それも角膜炎の一つです。

 

ひどくなると、目が充血したり、涙が出てきたり、といった症状が現れてくる事も。

 

雪目のように角膜炎のきっかけが非普段的なもの、というケースには、数日で自然治癒します。

 

けれども、繰り返してしまうとわりと炎症が改善しない事もあるので配慮しましょう。

 

紫外線と白内障の関係

白内障は、長生きすればいずれは発症する、とされていますが、紫外線が進行スピードを早める、とされています。

 

フレッシュな時に紫外線を数多く浴びている時には、発症する年齢が若くなってしまうのです。

 

白内障は、目の前に霧がかかったように視野が霞んでしまいます。

 

物が二重に見える、といった事もあるんです。

 

完璧治癒と言うものは現代医学でも簡単ではないとされており、紫外線対策はしなければなりません。

 

※手術で水晶体を取り除き、代わりの眼内レンズを挿入する、といった手術テクニックはあります。

 

 

遠くがピンホールメガネで見える理由

 

そもそも視力低下がなぜ起こるのか?

視力低下には、・遺伝・暮らし習性といったものが大きく係りしています。

 

遺伝についてはわりと理解いただけやすいでしょう。

 

実のところに、メガネを掛けている両親から生まれてきた娘もメガネを掛けている、という事例が多々あるわけです。

 

一方で、防ぎようがあるのが、暮らし習性による視力の低下です。

 

ピンホールメガネに関しては、その暮らし習性による視力の低下に特に大きな成果を発揮するもの、とされています。

 

※ピンホールメガネには、遺伝性の視力低下にも水準を満たすまで対処可能な力はある、とされています。

 

暮らし習性による視力の悪化には、「目の酷使」があります。

 

目を利用しすぎる事によって目の周囲の血行が悪くなり、筋肉が萎縮してしまうのです。

 

その結果、焦点が合いづらくなってしまい、目が見えにくくなり視力もダウン。

 

ピンホールメガネは、目の周囲の筋肉をわずかでも使わせないような対処が可能なものです。

 

日頃酷使していた目の周囲の筋肉が休まる事で、目の周囲の筋肉もほぐれ血液量も回復。

 

目の焦点を組み合わせる昨日も回復して、視野がスッキリとしてくる、というわけです。

 

みんなの視力回復が可能なわけではないのですが、目の周囲の筋肉の酷使の結果、視力が悪くなってしまった、という方には理論上は影響が出る見込みがあります。

 

視力の悪化で悩んでいるのであれば、挑戦してみるありがたみは十分にありますよ。

 

ピンホールメガネで視力は1日で回復可能か?

1日での視力回復は無理です。

 

1日では、わずか目の疲れが低減したかな、程度の成果しか得られないでしょう。

 

ピンホールメガネの視力回復成果がちゃんとと現れるまでには、最低でも1ヶ月から2ヶ月。

 

平均すると3ヶ月から6ヶ月程度は必要になるでしょう。

 

1日あたり数分から10分程度の活用でも良いので、とにもかくにも活用を続けてみてください。

 

影響が現れるまでには個人差もあるので、中には1年程度粘り強く使用してみてやっと成果が現れスタート出来た、という例もあります。

 

そもそもピンホールメガネは、レーシック手術のように外科手術で視力を回復させているわけではないのです。

 

心象としては、サプリメントを活用して健康成果を得る、美容成果を得る、というものに近いものがあります。

 

1週間や2週間の使用で成果がないから、という事で放棄しないでください。

 

少なくとも1ヶ月から2ヶ月は活用して、「疲れ目が低減した」程度の影響でも現れたら、デフォルト使用を続けるべきです。

 

 

視力回復と毛様体筋の関係性

ピンホールネガネと視力の関連をより深く考察していきます。

 

具遺体的なピンホールメガネを使用した視力回復のトレーニング手段も掲載するので、すでにメガネを持っている、という方も要参考にです。

 

視力回復と虹彩筋の関係性

虹彩筋は、光量を調節する、という性能があります。

 

ですから、仮に虹彩筋が充分にとした性能を果たしていない事例には、相当焦点が合わずにぼやけたまま見えてしまう、といったステータスになってしまいます。

 

虹彩筋を立て直さなければ、視力回復は手を焼く、というわけです。

 

ピンホールネガネは、光量の調節を行ってくれます。

 

光量を極端に少なくする事で、ピントが合いやすくなるわけです。

 

そのような状況を長期に渡って続ける事により、虹彩筋も疲労から開放されるようになり、当たり前のパフォーマンスを果たしてくれるようになります。

 

他にも、視力回復に至ります。

 

虹彩筋が衰える原因

主きっかけと行っても良いのが老化です。

 

年齢が高くなると、目がしょぼしょぼしやすくなってしまいます。

 

そのショボショボのきっかけが虹彩筋の衰え、というわけ。

 

ただし、老化がきっかけという事は、個人差がある、という事ですよね。

 

他にも老化は防げますし、トレーニングすれば若返りがはかれます。

 

視力回復メガネを使ったトレーニングの方法

視力回復メガネ。

 

いわゆる、ピンホールメガネを1日あたり数分間から10分間程度使用すれば視力が良くなる、といった話を聞いた事がある、というかたも多々あるはずです。

 

当然、暮らしの局所にモノにするだけでも、成果が望みで切る事は間違いないのです。

 

ただし、ピンホールメガネをさらに有効的に使用する手段があります。

 

ピンホールメガネを使ったより効果的なトレーニング方法

・ピンホールネガネを着用する

・片方1つずつの穴に5秒間ほど遠くに視点を合わせる

・ピンホールメガネの穴の縁に焦点を絞り込んで5秒程度見つめる

・左右の5つずつの穴ごとに上気したものを繰り返して行なうこと

 

上述は目の体操、と言っても良いかもしれません。

 

目の筋肉である毛様体を鍛える事が出来、またほぐす事も可能なトレーニングテクニックです。

 

ピンホールメガネはつけているだけでは、着用している時だけいつもよりも目が見えやすくなる、といったステータスになります。

 

着用している事例だけではなく、継続して目が良い状況にするためにも、トレーニングを1日1回は絶対行なうようにしてください。

 

寝る前の日課にする、といった事でも構いません。

 

継続して行なう事が、視力回復を手助けしてくれるわけです。

 

トレーニングをする時間帯

朝はまだ目が元気な時が多々あるので、成果を発揮するのは夕方以降です。

 

目が疲れた時に実施すると、より高い影響が望みで切る、といった様子になるわけです。

 

夜にテレビを観ていて「目が疲れてきたなぁ。

 

」と思ったらトレーニングしてみましょう。

 

新聞を読んでいて、「目がしょぼしょぼしてきたなぁ」、と思ったらトレーニングしましょう。

 

我々は定期的のように目を酷使しています。

 

トレーニングする事で目を休めて、目の疲れから開放されてみませんか。

 

ピンホールメガネの種類

・穴が無数に空いているタイプ
・穴が5つ空いているタイプ
・穴が一つ空いているタイプ
・アイマスクタイプ
・メガネタイプ
・ゴーグルタイプ
・パソコン用タイプ
・温熱タイプ

 

 

ピンホールタイプの眼鏡といっても一つではないのです。

 

特に注意すべきは穴数です。

 

穴が豊富に空いているタイプもあれば、穴が一つしかないタイプもあるんです。

 

穴が無数に空いているタイプのメガネ

100円お店でよく見かけるピンホールメガネに関しては、穴が無数に空いている様子です。

 

網戸を拡大したような感じのものですね。

 

穴が無数に空いていているものは、ピンホールメガネの根幹でもある「遮光」といったパフォーマンスが果たせません。

 

多彩な角度から光が目に入ってきてしまうので、影響は薄い、と心積もりられるわけです。

 

100円お店のピンホールメガネがだめ、と言われる訳です。

 

穴が5つ空いているタイプのメガネ

最もスタンダードなピンホールネガネ、と言っても良いかもしれません。

 

穴が片方に5つずつなので、光の量もちゃんとと調節できます。

 

しかも、それらの孔をみる事で、目のトレーニングにもなります。

 

どのピンホールネガネがいいのか悩んでいる、という方は、最初に5つ孔の開いたタイプを選択しましょう。

 

穴が一つ空いているタイプのメガネ

遮光性は抜群ですが、目のトレーニングは出来ません。

 

一つの穴を見つめるしか出来ないからです。

 

居宅の中で一つしか空いていないメガネをかけてテレビを観たり本を読んだり、という事はあまりおすすめできません。

 

アイマスクタイプのメガネ

アイマスクタイプなので、遮光性は高いです。

 

なお、一例を挙げれば、眼鏡とは異なるのでデフォルト持ち運びやすい、といったポイントもあります。

 

壊れにくいわけです。

 

メガネタイプだとプラスチック製も多々あるので、割れたりする事もありますが、アイマスクタイプには、そのような悪いところはないのです。

 

メガネタイプのピンホールメガネ

いつものメガネを使っている感覚で活用できます。

 

遮光性にはわずか問題はありますが、特に大きな短所はないのです。

 

いつもからネガネをかけている、という方には特に受け入れやすいかもしれません。

 

ゴーグルタイプのメガネ

アイマスクと同じくに遮光性はかなり高いです。

 

穴以外の光をシャットアウト可能なので、成果は田会、と考慮しられます。

 

とはいっても、ゴーグルところが割れてしまう見込みもあるので、持ち運びや管理には気をつけなければなりません。

 

パソコンタイプのメガネ

PCを見る用のピンホールメガネですが、一般のメガネタイプのものと大きな移り変わりはないのです。

 

穴の空いているところが丸みを帯びている意匠のものが多々あるです。

 

温熱タイプのメガネ

密着タイプのアイマスクのものが多くなっており、目の周辺の当たるところにはゲルマニウムを配しています。

 

目の周囲を暖める事によってき肉をほぐし、そして血行もよくしよう、というものです。

 

 

ピンホールメガネと子供の視力回復

娘の視力回復を願っているご両親は多々あると考えます。

 

こちらでは、ピンホールメガネによる対策や視力低下を防止する極意などを徹底紹介します。

 

子供の視力回復にピンホールメガネはおすすめか?

ゲームなどで疲れてしまった娘の目を休める、といった意味合いではとてもベストチョイスです。

 

しかし、アクションゲームなどをする時にピンホールメガネを使用すると、かえって見えにくくて操作しづらい、といった状況になってしまいかねません。

 

我が子の視力回復のためにピンホールメガネを使用させよう、と思っている事例には使用する場面を限定させる、という事が大切です。

 

例を挙げると、個室でじっとしている時に活用させてみたりする事で、目の疲れが和らぎます。

 

その繰り返しを行なう事で、我が子の目も疲れにくくなります。

 

目の周囲の筋肉も凝りがほぐれるような状況になるので視力の回復が目指せる、と言うわけです。

 

直ちにに成果が現れるわけではないので配慮してください。

 

1回使用したからといって、直ちにに遠くのものが見えるようになるわけではないのです。

 

成果が現れるまでには適度の時が必然的にかかってしまいます。

 

早期受診が子供の視力低下には必要な理由

早期の治療で回復する確率が高くなるからです。

 

そもそもなぜ、目が悪くなっているのかというと、今の時代では仮性近視、と呼ばれるものが増大してきています。

 

目を使用する頻度が増大してきており、元来はの近視というわけではなく疲労によって視力の低下が起こっているのです。

 

充分にと目を休めればもとに戻るのですが、疲労様子が続いてしまうと、固定化されてしまいます。

 

本やテレビを、目を疲労させながら凝視している、といったステータスになりかねません。

 

仮性近視については、眼科でも充分にと検査して検証する事ができます。

 

点眼薬を活用して、毛様体筋(目の筋肉の一つ)を即時的に弛緩させます。

 

弛緩させた様子で参考にすると、視力低下は仮性近視によるものなのか、それとも常識的の近視なのかが決断できます。

 

仮性近視であれば、目を休めるような扱ってを息子にさせる事もできるですよね。

 

ピンホールメガネを使った対策、というものも積極的に採用可能なわけです。

 

検査自体は特に痛いものでもないのです。

 

手軽にに可能なものなので、我が子の目が悪くなってきたら最初に眼科に連れていきましょう。

 

目が悪くなっているきっかけを知る、という事も極めて大切ですよ。

 

子供の視力低下を予防するコツ

・必要であればメガネを掛けること
・ゲームをする時間やテレビを見る時間を制限すること
・バランスの良い食事を与えること
・姿勢を正しくさせること

 

メガネでの視力矯正で視力の低下を抑える

不可欠であればメガネを掛けさせる、という事が必須です。

 

おっしゃる通り、ピンホールメガネでの対策もイチ押しですが、目が悪いのに裸眼のままで暮らしさせると、必然的に目を細めてしまうんです。

 

目の周囲の筋肉を使用する事になるので、疲労してそして視力を悪化させてしまいます。

 

「メガネをかけたら、目が悪くなるんじゃないの?」と思っている方も多々あるかもしれません。

 

けれども、適切な度数で去勢をすれば視力が落ちる事はない、というのが定説です。

 

理不尽をしてメガネを掛けないのはよくないのですよ。

 

ゲームとテレビの利用

最きのこともはiPhoneなどを活用して、ゲームを1日あたり何時も行っています。

 

その結果、目を酷使してしまい、視力低下を招いています。

 

ゲームをさせない、テレビを観させない、という事はできないでしょう。

 

そんな訳で時を制限する事が重要です。

 

例を挙げるとゲームは1日あたり1時まで、といった事を前もって決めるわけです。

 

その分目を休める事にもつながり、視力低下を防止できます。

 

目に良い栄養素を摂取させる

目に関しても多彩な栄養素が関わっています。

 

特にアミノ酸のシ着色汚れと言うものは、目の修復に大きな役割を果たしているのです。

 

シ着色汚れ不足になってしまうと、目は老朽化したままのステータスとなってしまい、結果的に目の状況が悪化してしまいます。

 

我が子は特に育ち盛りでもあります。

 

バランスのよい食事を与えてください。

 

椅子や机の高さを合わせること

姿勢が悪いと血流にも影響を与えてしまいます。

 

目の周囲の血の巡りが悪くなってしまう事もあるので、対策をたてなければなりません。

 

息子に関しては、ランクアップしているので椅子や机があっていない、という事も多々あるです。

 

高さを決まった的に調節して、娘の姿勢を正しくしましょう。

 

 

>>視力回復トレーニングはコチラをクリック