視力回復方法の比較なら

あらゆる視力回復方法をすべて比較しました

 

運営者が視力回復トレーニング・レーシック・オルソケラトジー・コンタクトレンズ・視力回復センター・ワック・ミドリン・超音波治療器など数ある視力回復テクニックの中からどれが一番安全で費用対効果が期待できるのかすべて対比しました。

 

比較項目は視力回復をやりたい人にとって大事な値段や影響、視力回復に必要になる期間、リスク、副作用などで対比しました。

 

視力回復をやりたい人、視力回復トレーニングやレーシック、オルソケラトジーなどに関心がある方はこの対比表を確認してみてくださいね。


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

視力回復トレーニング

レーシック

オルソケラトロジー

コンタクトレンズ

視力回復センター

ワック・ミドリン

超音波治療器

回復効果

0.8以上アップ ※個人差あります

術後平均1.5以上

1.0〜1.5以上

1.0以上

0.8以上アップ ※個人差あります

なし

-

回復期間

約2か月

術後2,3時間

安定するのが1〜2か月後

付けた直後から回復

3か月〜5か月以上

-

-

料金

15800円〜19800円

10万〜60万

両目15〜25万前後

※下記の表に記載

入会金 1万円前後 月額1万~2万程

1000円程度

7万〜13万円前後

特徴

自宅で毎日10分ほど2か月間トレーニング

角膜にレーザーを当て視力を矯正

ハードレンズで角膜の形を変え視力を上げる

角膜に直接レンズを装着

・個別で視力回復サポート

眼科の器機や目薬を使用

超音波で筋肉のコリを解消

方法

付属のキットを使って訓練

点眼麻酔後、レーザー照射

睡眠中に装用することで視力を矯正

処方されたレンズを装着

回復センターで30分ほどトレーニング

双眼鏡のようなものを除き中の絵を見る

まぶたに密着させ10分間超音波を当てる

目に優しい

良い点

・手術が必要ない
・自宅でできる
・子供でも可能
・費用が安い

・メガネやコンタクトが不要で快適

・手術がいらない
・日中裸眼でOK

・スポーツに最適
・装用感がない

・個人カウンセリング
・続ける自信がない人でも指導員がいるので続けられる

・筋肉の緊張をほぐす

・目の疲れや筋肉のコリを解消
・ドライアイや視力低下防止に効果あり

悪い点

・回復までに時間がかかる
・回復まで毎日やる必要がある

・術後痛む場合あり
・感染症にかかることもある
・費用が高い

・装用をやめると元に戻る
・2,3年で買い替えが必要

・お金がかかる
・感染症の可能性

・費用がかかる
・定期的に回復センターまで通う必要あり

・定期的に通う必要がある
・そもそも視力回復効果がなし

・器機の値段が高い

生涯費用

教材代15800円〜19800円のみ

手術代のみ

レンズの耐用期間は2,3年

※下記の表に記載

6か月〜1年ほどの月謝

-

器機の7万〜13万円前後

副作用

なし

・ドライアイ
・合併症
・ハログレア
・頭痛

・レンズが不衛生だと角膜に傷が付いたり炎症を起こす

・慢性酸素不足
・角膜潰瘍などにかかることも

なし

-

なし

 

レーシックやオルソケラトジーや超音波治療器は一見良さそうに見えますが、悪い点が大きいです。

 

高い経費がかかるだけでなく、感染症などの病になってしまう確率もあります。

 

一通りの視力回復技術を比較した結果、目への危険性・予算面などを総合し一番優れているのが視力回復トレーニングです。

 

子供から成人まで視力を回復する事ができ、感染症などのリスクもなく、それでいてコストが1万5千円台なのもおすすめできる要因です。

 

そのような優れた視力回復トレーニングをわたしが買って体験してみたので批評を掲載しました。

 

実践の様子と講評は下のリンクの記事を参照ください。

 

実践してみた一番良かった教材→田中謹也のアイトレーニング