視力回復教材人気ランキングなら

当サイトが自腹で購入した視力回復教材を独断で勝手にランキング!

いろんな視力回復教材が販売されているため、自分に合う教材なのかどうかは人によって違います。

 

けれども、販売されているいろんな視力回復教材を購入し実践していくと、誰であろうと共通する良い点、悪い点がわかってきます。

 

おすすめできる良い視力回復教材の条件

・一定期間に現実的な程度の視力回復への効果を保障している
・アフターフォロー完備
・全額返金保証サポート付きでバックアップ体性がちゃんとしている
・成人から小学生などの小さい子供まで視力回復成果を体感した人が実際にいること
・視力改善法に化学的なエビデンスがある
・個別でメール等で視力について相談できる体制が整っている
・子供も夢中でトレーニングできる脳トレゲームや視力回復キットが組み込まれているか

 

ダメな視力回復教材の特徴

・視力回復成果を過度に誇張している
・全額返金保証が明示されていない
・トレーニングツールや視力回復キット等を売りっぱなしでアフターフォローがない
・視力回復への経験則や化学的エビデンス不足

 

仮に、実践したのに視力回復への影響が得られないと、利用できる視力回復教材の返金保証があるかどうかは、購入前に必ず確認しましょう。

 

実際に視力回復効果があり自信のある視力回復教材を売る販売会社であれば、全額返金保証を必ずつけて保障しています。

 

視力回復トレーニングは長期間の訓練が必須です。

 

しっかりとしたアフターフォローがあり、視力回復効果の高い教材を購入すると、大人から子供までより高い視力回復への成果が望めます。

 

このページで、視力回復トレーニング教材を買い漁った運営者が、上に挙げたような良い教材の前提を満たしているかを見定め、おすすめ順にランキングにしました。

 

 

1位アイトレーニング 田中謹也

1位のアイトレーニングは、実際に視力回復センターとして店舗を運営している「アイ・トレーニング視快研」の視力回復トレーナー、田中謹也先生の視力回復トレーニングキットです。

 

10年間で2098名の子供たちをトレーニングし、90%以上の子が0.8以上の視力まで回復した実績があります。

 

田中謹也氏のアイトレーニングのマニュアルはその知識を詰め込んだトレーニングキットです。

 

実際に店舗を構え、運営しているとなると安心感が違います。

 

視力回復トレーニングの中身は太い紐にビーズが設置された、独自の視力矯正具(ブロックストリングス)を使ってトレーニングを行います。

 

これを1日合計13分行う事で、視力が大きく回復します。

 

田中謹也氏のトレーニングは、視力が回復した後を優先します。

 

本当は、子供の視力が落ちた状態の仮性近視を改善するのは難しいことではないのです。

 

それよりも大変なのは視力をリバウンドで低下させない事です。

 

なので、アイトレーニングでは「回復した視力を維持させる事」を優先したプログラムになっています。

 

他の視力回復教材では継続しなかった人には田中謹也氏のトレーニングは、良いかもしれません。

 

田中謹也氏の家でできるトレーニングセットの教材は、紙のテキストとトレーニングミュージックが収録されたCD-ROMです。

 

3か月視力に関するメール相談のアフターケア付きなので、取り組めます。

 

メール回数も教材利用者本人なら無制限なので問題なし。

 

教材にブロックストリングスのトレーニングキット付きなので直ちに実践できます。

 

仮に、視力回復成果が表れない時は、180日間返金サポートも付いているので、初めての人でも試しやすい一押しトレーニング教材になっています。

 

アイトレーニングの体験者の評判と、わたしが実際にアイトレーニングを使って視力回復をしてみたレビュー記事は以下から参照ください。

 

 

アイトレーニング体験レビュー

 

2位徳永式1.5視力回復プログラム 徳永貴久

徳永氏は90年代に人気だった書籍「マジカルアイ」シリーズの製作者です。

 

マジカルアイは、本の中の3D写真を視点をずらして観る事で立体化させ、その過程で両眼の視力回復を促すトレーニング法です。

 

シリーズ累計460万部提供され、その頃はどこの書店でも飛ぶように売れました。

 

そのマジカルアイの監修者でもある徳永貴久の徳永式1.5視力回復プログラムは、23年間1万人以上の方に愛用された経験豊富な商材です。

 

視力回復率は95%を超え、お子様から、小学生、老齢の方までみんな視力回復への効果が見込めます。

 

徳永式1.5視力回復プログラムの目的は、「眼筋を鍛える」事です。

 

眼筋とは目を動かす筋肉の事で、多くの教材は「眼筋が疲れているから筋肉を休ませましょう」と謳っています。

 

徳永式は真逆で「弱った眼筋をどんどん鍛える」トレーニングです。

 

眼筋を鍛える事で視力の回復が望めます。

 

教材はPCからダウンロードしたフラッシュ動画と音声ガイド(mp3)、視力回復への知識が解説された書籍(PDF)です。

 

30日間メールアフターケアがあり、わからない点は質問できるので心配ありません。

 

徳永式1.5視力回復プログラムの公式HPと、わたしが購入し実践してみた体験談は以下のリンクから参照ください。

 

 

 

3位ジニアスアイ 川村明宏

ジニアスアイは、任天堂DSの脳トレゲーム「目で右脳を鍛える」などで著名な川村明宏氏の視力大きく上乗せプログラムです。

 

川村氏は速読法プログラムで著名な方ですが、視力回復研究も30年以上続けています。

 

ジニアスアイの教材の中では、速読法プログラムで編み出された再現性の高いプログラムを解説し、脳を鍛える事で視力アップにつながると謳っています。

 

ジニアスeyeのユニークな点は、プログラムを着手する前に視力検査をするところです。

 

初めに視力を検査し、手っ取り早くジニアスアイのトレーニングを行います。

 

しかもトレーニング後に視野が広がった事を納得してから、速読に挑戦します。
(他にも6種類の視力回復プログラムがあります)

 

他にも普段の生活の中でささやかな心がけで視力を上げる技術を数多く解説しています。

 

「テレビは近くで観たほうが視力が上がる」など、常識と現実の異なる点などを知る事ができます。

 

ジニアスeyeには全額返金サポートがあるため、視力が上がらなかったときの不安もなく取り組めます。

 

返金保証付きでサポート期間は365日もあり、サポート期間が数か月程度しかない他の教材と比較してもジニアスアイは手厚い保証です。

 

 

 

 

視力回復「福辻式」DVD

視力回復「福辻式」は運営者的に、鍼灸治療院を経営する福辻鋭記先生ならではの独自の視力回復法が面白いと感じました。

 

特に、頭蓋骨を緩める事で視力を回復させたり、真性近視の回復に影響があるなど他の教材にはない技術がメリットがあるに感じます。

 

実際、視力回復「福辻式」の教材は試していないので、関心があるので購買してみたいと思っています。

 

その時は、このWebページに視力回復「福辻式」の体験講評を掲載します。

 

5位アイ・トレーニング視快研 筑紫通り 出口 隆 完成品トレーニングキット版

視力回復トレーニングセンター『アイトレーニング視快研筑紫通り店』の経営者、出口氏の視力回復プログラムです。

 

出口隆さんが経営する視力回復トレーニングセンターで、10年間でのべ4317名の方を近視トレーニングし、9割以上の方の視力を0.2から0.8まで回復させました。

 

お店を出し経営されていた実績が丸っと詰まったトレーニング法です。

 

90日間でみんなの視力が大きく回復することができるとされています。

 

出口氏の視力回復プログラムは、目のピントすり合わせ機能と脳の処理力を併せて上げるトレーニングです。

 

それにより動体視力が上がり、高い目の機能が要求されるアスリートにも応用されています。

 

誰でも手軽にトレーニングを行えますが、特に運動をされる方にお薦めです。

 

体験版アイトレキットツールも配布しています。

 

出口隆の完成品トレーニングキット版は、決して安い買い物ではないだけに、いきなり商品を購入するのではなく、体験版を試してから本編を購入することができるのは、相当心強いでしょう。

 

費用は若干高めですが、世帯保証(本人+世帯もう一人をアフターケア)、最大限3年間の保証システム、疑問があれば電話OKと、手厚いアフターフォローがあります。

 

出口隆のアイ・トレーニング公式サイトを見る

6位視力回復アイスマイル1.0 自宅でラクラク視力アップ法

視力低下は目の筋肉などの機能にばかり注意されがちですが、視力回復アイスマイル1.0の視力回復法は「脳」の働きに注意し、目と脳の働き改善をもとに組まれました。

 

脳が目の処理に追い付かない事も視力低下のきっかけの一つとされ、視力回復アイスマイル1.0も脳の働きを上げることが優先したプログラムを組まれています。

 

脳が目の視力に追い付かなくなるきっかけは「目の筋肉疲労」「血流悪化」「自律神経の低下」だとしていて、これを改善するための運動法を解説しています。

 

お子様が飽きずに取り組めるように、視力回復アイスマイル1.0の「訓練は1日あたり約5分」「手っ取り早く」を合言葉に掲げています。

 

特殊な道具もいらず、みんな簡単に取り組めるのがもち味です。

 

そして、視力回復後のリバウンドも少ないと視力回復アイスマイル1.0では解説しています。

 

やはり視力を回復させても、直ちにに戻ってしまう人が後を断ちませんが、この視力回復アイスマイル1.0を続ける限りは回復した視力が元に戻る事は少ないでしょう。

 

お子様向けの教材ですが、言うまでもなく成人にも視力回復への影響が見込みます。

 

視力回復アイスマイル1.0の公式サイトを見る

 

7位視力回復3ポイント! 視力回復アドバンスメソッド

視力回復アドバンスメソッドの視力回復プログラムは「視力が悪くなるきっかけを理解し」「体のバランスを整え」「(回復した視力が戻らないように)暮らし改善を続ける」大人向けの視力回復プログラムです。

 

視力回復アドバンスメソッドは理論を優先したプログラムなので、「なぜ視力が低下するのか」「なぜこの技術で回復するのか」など、原因と結果を知りたい方向けの教材です。

 

子供よりも成人男性に向いたプログラムと言えます。
(無論お子様にも優れた視力回復作用を体感できます)

 

視力回復アドバンスメソッドの視力回復プログラムは非常にシンプルで、3ステップで完結できます。

 

ガッツリ理論を学びつつ、実践は簡単なのも大きな特色です。

 

視力には3つの働きがあり、どれが弱いのかを理解する事で影響的な視力回復が見込みできます。

 

目の筋肉をほぐすだけでなく、脳の処理技術を急上昇させ、脳と目の連携を促します。

 

視力回復アドバンスメソッドならトレーニングキッドもいらず、しかも目に優しい睡眠法や視力アップが見込める食生活まで、暮らし全般の改善を目指すプログラムです。

 

視力回復アドバンスメソッドの公式サイトを見る

 

8位視力回復&脳活性プログラム「アイアップ!」

「アイアップ!」は「普通、目は使えば使用するほど良くなるもの。それなのに視力低下を起こすのは間違えた使い方をしているから」だといいます。

 

「脳トレゲームを楽しむだけ」で視力回復が実現すると謳う変わったプログラムです。

 

視力が下がるきっかけは、眼球だけではないのです。

 

脳が処理スキルを超えてしまい、目に写った映像が認識できない事もあります。

 

「アイアップ!」のプログラムは、ひと昔前にトレンドだった脳トレゲームによく似た作りです。

 

ゲームばかりやると目が悪くなる、などと言われますが、このプログラムは「ゲームをやればやるほど目が良くなる」作りになっています。

 

ゲームはダメ、と怒られがちなお子様も、「アイアップ!」のプログラムなら心配無用で続けられますね。

 

「アイアップ!」のゲームは6種類で、飽きずに定期的に続けられます。

 

また、脳の性能が上がる事で頭脳明晰になり、スポーツ技術の向上、車の運転をより安心にするなど、得られる副次的な効果がいろいろあります。

 

頭がスッキリするので、学習もはかどるはずです。

 

「アイアップ!」は、トレーニング量も多く、潜在意識から視力に対する認識を完全に変えてくれるはずです。

 

アイアップの公式サイトを見る

 

 

9位視力回復3ミニッツ 自宅でできる視力回復法

視力回復3ミニッツは、1つのプログラムは約3分という、簡単な視力回復プログラムです。

 

特に時間のない方に視力回復3ミニッツはお薦めです。

 

短いものなら数十秒で終わる手軽な視力回復トレーニングもあります。

 

視力回復3ミニッツは、視力回復トレーニング手法も早くできるものばかりで、通勤や通学、ささやかな休みの間に手っ取りく行えます。

 

どれだけ優れた視力回復プログラムでも、定期的に続けることができなければ視力回復への成果は期待できないでしょう。

 

視力回復3ミニッツは「楽々」「習性化しやすい」に主軸を置く視力回復プログラムです。

 

何よりおすすめなのは、視力回復3ミニッツを行った後に「気持ちいい」「目がスッキリする」「視野が広くなった」など、心地よい成果が体感可能な事です。

 

どれだけ優れたプログラムでも、苦行になると辛いだけです。

 

視力回復3ミニッツは、トレーニング器具もいらずインターネットが可能な環境なら常に行えます。

 

15種類の映像プログラムに従うだけで、視力がどんどん回復する事が期待できます。

 

更に視力が再び低下する事を防ぎ、良好な視野を維持する事ができます。

 

視力回復3ミニッツの公式サイトを見る

 

 

10位自宅で出来る今野式近視改善エクササイズ

自分の家でトレーニング可能な今野式近視改善エクササイズは「近視、視力低下のきっかけは血流障害」と謳い、東洋医学(中医学)の視点から視力回復を促すトレーニング法です。

 

東洋医学は流れを優先します。

 

血流やエネルギーが適切に流れる事で活気を取り戻し健康になるというスタンスです。

 

それを視力回復にも応用したものが、今野式近視改善エクササイズです。

 

今野式近視改善エクササイズのHPには、視力回復への成果が可能な事例と、ちょっと時間が必要になる場合を解説しています。

 

視力回復にちょっと時間が必要になる事例は、お腹が固いケースが挙げられます。

 

薬を常用している、冷たいものばかり食べる、胃腸が疲れている、いつもストレスに晒されているとお腹が固くなりがちです。

 

このところはお子様でもお腹が固い事例が多く見られます。

 

お腹が固いと血行が悪くなり、病になりやすい体質になると言われています。

 

視力低下はそのシグナルの一つです。

 

自分の家で可能な今野式近視改善エクササイズは家で手間なく取り組めるのも良い事です。

 

今野式近視改善エクササイズは、視力回復だけでなく、全身の健康を取り戻したい方には特にお薦めです。

 

唯一、今野式近視改善エクササイズは、全額返金保証がないのがマイナスポイント。

 

自宅で出来る今野式近視改善エクササイズの公式サイトを見る

 

 

よく読まれている人気記事

アイトレーニング 田中謹也 詳細ページ
【ネタバレ】田中謹也のアイトレーニングを実際に買ってみた!【リアルな口コミ・レビューを掲載中】
【自腹購入】徳永式視力回復 徳永貴久 レビュー
川村明宏のジニアスアイ 購入してみたネタバレレビュー