目の疲れに効くサプリ

目の疲れに効くサプリ

万が一「目の奥の痛みや違和感が気に掛かる」「目が赤く充血」などの症状が見過ごせないなら、目の保養に良いと言われるサプリメントがお勧めです。

 

昼も夜もiPhoneやタブレットのブルーライトを目一杯浴び続け、PC作業をしなければいけない現代人は、眼精疲労が溜まりやすいです。

 

近くばかりを見ていると眼筋が鍛えられなくなり視力のピントすり合わせの力が下がります。

 

目を日常の業務で最低限使用するのは仕方ないにしても、最低でも1時間に5分はPC画面から目を離して休みましょう。

 

ただし疲労が蓄積すると休んでもわりと目の苦痛や充血は収まりません。

 

目の疲れが抜けないのは栄養が足りていない場合もあります。

 

視力回復や疲れ目の改善成果が見込める栄養補助食品を摂る事で、頑固な目の疲れが早く回復できるようになるでしょう。

 

 

疲れ目サプリを選ぶポイント

目の疲れを改善する食品で名高いのはブルーベリー(特に野生種のビルベリーはブルーベリーの5倍の栄養価があります)で天然色素のアントシアニンが豊富です。

 

ブルーベリーの青い色素が紫外線の透過を防ぎ目の疲れを阻止します。

 

ほうれん草や鶏卵に内蔵されるルテインも目の疲れを改善すると言われています。

 

ルテインが体内に吸収されて肝臓で体内の代謝で移り変わった成分ゼアキサンチンもルテインと同じ働きをします。

 

これらのアントシアニン、ゼアキサンチン、ルテインの3つの成分はいずれも高い抗酸化作用があります。

 

人間は呼吸をして酸素を採りいれますが、取り入れた酸素が体内で活性酸素に変化し細胞を酸化させて疲れや老化を引き起こします。

 

アントシアニン、ゼアキサンチン、ルテインの3つの成分は活性酸素を取り除き疲労回復や若々しい体作りに欠かせません。

 

無論、目の疲労回復も望めます。

 

他にも目の疲れを取る有効成分として著名なのは、ビタミンC、ビタミンB、ビタミンA、ビタミンEなどのビタミン類で諸々な製品に添加されています。

 

ビタミン類も高い抗酸化作用がありますがビタミンの種類によって細胞で防衛する箇所が異なります。

 

ビタミンCは細胞の内側を、ビタミンEは細胞壁を守ります。

 

人間は呼吸する限りお肌の細胞を老化させる活性酸素を生み続けます。

 

これは酸素を使用する生物の宿命で、老いと死を引き替えに高い運動力をキープするように進歩した結果なのです。

 

だからこそ何種類も抗酸化成分を取り込んで目の疲れや充血を早めに改善しましょう。

 

 

目の疲れを取るサプリランキング

 

めなり

めなりは、業界トップクラスのビルベリー、マリーゴールドを配合した栄養補助食品(サプリ)です。

 

ビルベリーに内蔵されるアントシアニン、マリーゴールドに内蔵されるルテインとゼアキサンチンは大いに質が高く、太陽の紫外線からブルーライトまで広く対処可能な栄養素です。

 

特にマリーゴールドから精製したルテインは体内に吸収されやすく速やかに効能を発揮します。

 

めなりには、クチナシの実から抽出したクロセチンやアスタキサンチン、亜鉛や各種ビタミン類などバランス良く配合されています。

 

2016年モンドセレクション金賞受賞の実績もあり品質も心配無用です。

 

めなりの公式サイトで詳細を確認する

 

ブルーベリー ルテイン メグスリノ木

大阪に本社がある巨大資本製薬メーカーの小林製薬が製造提供するサプリメントです。

 

巨大資本メーカー製ならではの信頼感と、ドラッグストア等で気軽に買えるところがメリットです。

 

ブルーベリーエキス(ビルベリーエキス)とマリーゴールドに加えて「メグスリノキ」という植物を配合しています。

 

メグスリノキはカエデの仲間で眼病防止や視神経を活性化させる成果が実証されています。

 

着色料や香料、保存料は無添加です。

 

メーカー小売プライス2000円強(税込)と続けやすい値段帯なのも大手メーカーの小林製薬ならではでしょう。

 

ブルーベリー ルテイン メグスリノ木の詳細をAmazonで確認する

 

えがおのブルーベリー

えがおのブルーベリーは、アントシアニンが特に豊富な北欧産ビルベリーを配合したサプリです。

 

北欧は白夜の影響で紫外線が強い地域で、ビルベリーのアントシアニンが特に発達していると言われています。

 

特殊な加工でいつもの約2倍吸収しやすいビルベリーエキスを使用し、抗酸化力の高いビタミンCやアミノ酸のヒスチジン、リジンを配合してアントシアニンを壊れにくくする事に成功しました。

 

アントシアニンの働きを最大限の影響まで発揮させます。

 

アントシアニンを安定化させる製法は特許を所得、GMP認定工場で製造、第三者組織で残留農薬の検針を行い徹底的に安全面でも拘ったサプリです。

 

えがおのブルーベリーの公式サイトで詳細を確認する

 

北の国から届いたブルーベリー

通信販売サプリの一流企業やわた(八幡物産株式会社)も目の疲労改善サプリ北の国から届いたブルーベリーを提供しています。

 

北の国から届いたブルーベリーは、野生種ビルベリー60粒を1粒のサプリに凝縮した贅沢な作りです。

 

エキス換算だと1粒200mg。

 

売れている秘訣は多面的な栄養素でアントシアニンが豊富なカシスエキスやメグスリノキ、ルテイン豊富なマリーゴールド、血液さらさらにする働きのあるマグロ油のDHAやイワシ油のEPA、抗酸化作用の高いコエンザイムQ10やβーカロテンなどがバランス良く配合されています。

 

やわたのブルーベリーの公式サイトで詳細を確認する

 

アスタキサンチンα

アスタキサンチンαは、ブルーベリーサプリで名高いわかさ暮らしの眼精疲労改善サプリで、ビジネスマン向けの栄養を中心に配合しています。

 

高濃縮アスタキサンチンを8mg配合し、ブルーライト対策に高い影響が見込みできます。

 

目頭が痛いなど頑固な目の疲れを和らげる事が可能なでしょう。

 

トマトリコピンの高い抗酸化力も見込めます。

 

アスタキサンチンαには、他のサプリにないポイントとしてカキ抽出物やローヤルゼリーなど体力を回復する成分を豊富に含んでいます。

 

カキに豊富に内蔵される亜鉛は強力な疲労回復成果があります。

 

目だけに特化せず速攻性のある体の疲労回復や疲労防止にも成果が見込めます。

 

アスタキサンチンαの公式サイトで詳細を確認する

 

いきいきルテイン・アイ

いきいきルテイン・アイは、株式会社えがおが製造提供するルテインを中心に配合したサプリです。

 

いきいきルテイン・アイの主成分は黄色い丈夫な花のマリーゴールド。

 

マリーゴールドの黄色い花にはルテインが豊富に内蔵されています。

 

いきいきルテイン・アイは、マリーゴールドを1輪1輪手摘みで採取し、ルテインを壊さないように念入りにエキスを抽出して作りました。

 

ルテインは太陽光のダメージを和らげる作用があります。

 

特に屋外で作業する方や紫外線で目を痛めやすい環境の方にお勧めです。

 

他にもビルベリーから抽出したアントシアニン、抗酸化力の高いカシスエキス、ヒアルロン酸など多彩なタイプの目の疲れの改善が見込めます。

 

いきいきルテイン・アイは、飲みやすいカプセル状です。

 

 

目の疲れに効果のある成分紹介

 

ルテイン

ルテインは、かぼちゃ、ブロッコリー、ほうれん草などに内蔵される黄色い色の色素(カロテノイド)です。

 

特にほうれん草にはルテイン含有量が高く、紫外線など青い光を吸収して目の細胞へのダメージを最小限にくい止め目の疲れのきっかけを取り除きます。

 

光をよく浴びる方には特に影響が高いでしょう。

 

光や熱で酸化しやすいのでルテインだけでなく、抗酸化作用の高いビタミンCなど他の成分と組み合わせると高い成果が見込めます。

 

眼球の奥に広がる網膜の黄斑部にある黄斑色素の正体はルテインです。

 

網膜の黄斑色素は40代を過ぎると急激に減ってしまいます。

 

外部からサプリメントとして積極的に摂取し続ける事で目の健康を守ります。

 

ゼアキサンチン

ゼアキサンチンは、ルテイン同じく光を吸収して細胞のダメージを防ぐ働きがある栄養素です。

 

ゼアキサンチンはブルーライトを防ぐ作用が高く、デスクワークやiPhoneをよく使用する方には特にお勧めです。

 

医者が監修した実験でルテイン5:ゼアキサンチン1のレートで摂取すると、加齢性目疾患など病の改善に成果が現れやすい事が実証されています。

 

ゼアキサンチンをルテインとともに摂取する事で目にダメージを与える多彩な光を和らげる事ができます。

 

とうもろこし、パプリカ、ほうれん草などに豊富に内蔵されます。

 

ほうれん草を積極的に食べたり取得しやすい冷凍コーンを定期的にちょっとづつ食べると良いでしょう。

 

アスタキサンチン

アスタキサンチンは、とても強い抗酸化力のある栄養素でビタミンEの1000倍の抗酸化作用があるといわれています。

 

紫外線などを浴びると細胞が酸化して傷つきますがアスタキサンチンは酸化を防ぎます。

 

アスタキサンチンは、光障害から目を守る貴重な栄養素の一つです。

 

エビやカニなどの動物色素でカロテノイドの一種です。

 

ルビーのような素敵な赤い色の成分で美容液などにも添加されています。

 

アスタキサンチンは、抗酸化力が評価され最近はサプリメントによく添加されるトレンドの栄養素です。

 

クロセチン

クロセチンは、栗きんとんの色づけに使用するクチナシの実やパエリアのリッチ香辛料サフランに多く内蔵される成分です。

 

近頃の研究で、クロセチンが目の疲れ改善や体力回復などの成果が実証されるようになりました。

 

クロセチンは分子が小さいため速やかに体内に吸収されます。

 

目の水晶体を動かす筋肉に直接働きかけて視力改善を促します。

 

動物実験では黄斑変性症を低減する結果が出ています。

 

クチナシの実やサフランは大量に摂取可能なものではないのです。

 

クロセチンはサプリメントで摂取するのがいちばんパフォーマンス的です。

 

ビタミンB群

ビタミンB群は、細胞の成長を助けタンパク質の代謝や造血作用、細胞分裂など色々な働きをしますが、目の働きに直接関わるのはビタミンB1です。

 

ビタミンB1は糖質の代謝を促しエネルギーにする作用があり、神経の働きを維持する作用があります。

 

万が一ビタミンB1が不足すると手足がうまく動かせなくなる脚気という症状になります。

 

糖質があってもビタミンB1不足によってエネルギーにできずに疲ればかりが溜まり、神経や脳を正常に保てなくなるからです。

 

ビタミンB1は視神経を正常に維持する成果もあります。

 

ビタミンB1は、目の健康を守る裏方として欠かせない栄養素です。

 

ビタミンB1は豚肉、玄米などに多く含みます。

 

江戸に玄米を嫌って白米ばかり食べていた都市部で脚気が流行ったのはビタミンB1不足がきっかけです。

 

メグスリノキ

メグスリノキはカエデ科の落葉樹で「千里眼の木」「長者の木」という異名もあります。

 

日本にしか自生していない貴重な木で戦国ご時世から樹皮を煮詰めた液を目薬として使っていました。

 

民間療法で永らく使用されていたメグスリノキですが、今現在は視神経を活性化したり眼病防止に成果がある事が実証されました。

 

メグスリノキには眼病防止や目の疲れを改善する高い影響が見込めます。

 

メグスリノキの主成分はロドデノール、トリペルペン、ケルセチン、カテキン、タンニンなど。

 

メグスリノキは、ハーブティーで提供していますが、飲みづらいという声もあり、サプリメントで摂取するほうが手っ取り早いでしょう。

 

DHA・EPA

DHA・EPAは血流改善に高い影響があり、「ロトリガ」という高脂血症改善の薬にも使われる医薬品です。

 

DHA・EPAの市販品は、サプリメントの扱いなので薬剤師がいなくても買うことができます。

 

マグロやイワシの油に豊富に内蔵され、悪玉コレステロールを下げて血流を改善し、目の血流を良くする作用が望めます。

 

目に限定せず疲労改善には血流改善が最優先です。

 

酸素と栄養は血に乗って運ばれるのでサプリメントの成分を最大限発揮するためには血流改善が欠かせません。

 

DHA・EPAは、目の疲れに直接作用はしませんが、改善するための下仕込みをするためには欠かせない栄養素です。

 

おおかた野菜が摂取できない北極のイヌイットの血中コレステロールが低いのはDHAやEPAの作用のおかげです。

 

βーカロテン

人参の橙色の色素(カロテノイド)で名高い成分です。

 

抗酸化作用も強く目の毛様体筋や水晶体の老化を防ぐ働きも見込めます。

 

体内に入ると消費される分だけビタミンAに変わります。

 

ビタミンAは夜盲症を防ぐ働きがあり、ビタミンAから作られるロドプシンという成分は陰い場所での視野を維持するのに欠かせません。

 

ロドプシンは陰い中で目を使用するとどんどん消費されます。

 

βーカロテンのロドプシンが消費されると体内にあるβ―カロテンを使う分だけビタミンAに変更し補充されます。

 

緑黄色野菜などの食品に多く内蔵されますが足りないぶんはサプリで補充しましょう。

 

 

よく読まれている人気記事

視力回復教材人気ランキング
アイトレーニング 田中謹也 詳細ページ
【ネタバレ】田中謹也のアイトレーニングを実際に買ってみた!【リアルな口コミ・レビューを掲載中】
【自腹購入】徳永式視力回復 徳永貴久 レビュー
川村明宏のジニアスアイ 購入してみたネタバレレビュー

 

 

 

よく読まれている人気記事