田中謹也のアイトレーニングは子供の視力回復に効果あり

田中謹也のアイトレーニングは子供の視力回復に効果あり

田中謹也の視力回復教材アイトレーニングのやり方は多彩で、視力回復成果の高いトレーニング方法が何個かあります。

 

ただ、この優れた視力回復教材アイトレーニングが誰にとっても、視力が回復しやすいトレーニング方法であるかといえば必ずしもそうとは限りません。

 

特に、子供にとっては視力回復トレーニングが単調だったり、長時間続けないといけないものは苦しみにしかならず、継続しないでしょう。

 

そのような中で子供に飽きさせず、楽しく視力回復トレーニングを続けさせることができると口コミで高評価なのが田中謹也のアイトレーニングです。

 

田中謹也氏は、お店で視力回復教室を開き、6年間に987名もの子供の視力回復を実践しています。

 

今まで6年間に987名もの子供に視力回復トレーニングを教えてきたノウハウが、教材には詰まっているわけです。

 

この記事では、なぜアイトレーニングが子供の視力回復に効果があるのか、飽きずに続けることができるのかについて詳しく解説していきます。

 

 

アイトレーニングの子供でも飽きない、短時間トレーニング

お店で子供たちに視力回復訓練を行っていた経験から、田中謹也氏のアイトレーニングは「すぐ終わる」「理解しやすい」「飽きない」を優先しています。

 

時間がかからずすぐ終わるトレーニングでは視力回復成果が薄いのでは?と感じるかもしれませんが、アイトレーニングは視力回復に不可欠とされる訓練を凝縮しています。

 

アイトレーニングという以上、水準を満たすまでは我が子も自分でトレーニングを行わなければいけません。

 

その子に目が見えなくなるおそれ感があれば兎も角、めがねをかければ良いやと開き直られたら視力回復トレーニングのやる気も維持できないでしょう。

 

ですが、たとえ視力回復への気力があっても、1回20分も30分も訓練を続けるのは大変です。

 

その点、田中謹也氏の音声誘導トレーニングは、わずか110秒。

 

2分以内に終わります。

 

視力回復トレーニングの中身も子供も実践しやすいように音声誘導CDがついていて、リズミカルで、子供番組を思わせるテンポの良さです。

 

これなら、いまいちやる気が上がらない子も「やってみてもいいんじゃないか?」と、やる気を引き出せるかもしれません。

 

 

アイトレーニングが視力回復に効果がある理由

田中謹也氏のトレーニング手法は、具体的には音声誘導トレーニング、ブロックストリングスという道具を使った遠近ストレッチ・学校でも仲間にバレずに可能な目の体操などがあります。

 

ブロックストリングスというのは視力回復に使用する代表的な器具で、ひもに間隔を開けた3色の大きなビーズを繋げたものです。

 

これの先端を自室や居間の壁に固定し、もう片方の先端を手に持って目線に組み合わせます。

 

その上、音声誘導に従って3色のビーズを見つめます。

 

左眼や右眼でビーズに焦点を調整する事で、目の筋肉を鍛えます。

 

しかし、なぜ子供の視力が落ちるのでしょうか。

 

近いところばかりを見て、筋肉が衰え水晶体が固定する事がきっかけと言われています。

 

体は動かさないと衰えるように、目も鍛えないと衰えます。

 

目の筋肉を鍛え、ピントを当てはめる力を取り戻すのがアイトレーニングです。

 

ところで、デタラメにブロックストリングスを見つめても視力回復成果は見込めません。

 

ちょっとの間で優れた視力回復成果を発揮するためには、田中謹也氏の音声誘導プログラムに従って行うことが近道になります。

 

 

アイトレーニングによって回復した視力の保持

筋肉は、鍛えても放置すればやがて衰えます。

 

眼の筋肉も、水準を満たすまでは鍛え続けないと衰える一方です。

 

一説には目は人体で最も早く老化が始まる器官と言われ、11歳ごろから衰えていくという話もあります。

 

現時点ではデスクワークが増大し、子供のころから勉学優先の子が増大しました。

 

しかもスマートフォンなどの拡大で、ますます近くしか見ない環境が整ってしまいました。

 

このような環境では、意識しなければ目の筋肉が固定されてしまいます。

 

それを防ぎ、的確にちょっとの間(数分ほど)で訓練可能なのが、田中謹也氏のアイトレーニングです。

 

視力回復だけでなく、回復した視力の維持にも力を入れています。

 

学校でも手軽に、お友達にもバレずにこっそり目の体操を実践すれば、回復した視力が維持できます。

 

アイトレーニングは、目の筋肉を鍛えるので片目だけ視力が悪い方、両目でちゃんと対象が見えずに遠近感が把握出来ない方にもお勧めのプログラムです。

 

アイトレーニングの公式サイトを見る

 

アイトレーニングを実際に購入してみた体験談等を詳しく知りたい人は以下のページも読んでみてください。
アイトレーニング 田中謹也 詳細ページ

 

 

アイトレーニングはどんな悩みを持つ子供におすすめか

 

・カッコ悪いなどメガネをかけたくないお子さま
・仮性近視のお子様
・ゲームやテレビ、PCなどで近視(視力低下)になった子
・飽きっぽい、コツコツ続ける作業が不得意な子
・スポーツなどでメガネをかけられない子
・兄弟、世帯ぐるみで視力アップに取り組みたい子たち
・裸眼視力が下がったけど眼鏡はイヤ!
・コンタクト暮らしもイヤ!
・目薬治療や視力回復手術なんてもってのほか!

 

こんな悩みを持つ子やその親は、アイトレーニングがその悩みを解決してくれます。

 

眼科で眼鏡を薦められてもスポーツ好きでかけられない子もいます。

 

そのような時に選択の余地に入るのが視力回復法です。

 

子供向けの視力回復アイテムや視力回復トレーニングキットは色々ありますが、アイトレーニングは特にお子さまにお勧めしたい視力回復トレーニング法です。

 

ベースキットはCD-ROMで、トレーニング内容や視力回復についての基礎知識はPDFファイルでオンライン上で配布されます。

 

個人差はありますが1日13分ほどのトレーニングで視力0.4から1.2まで回復したユーザーも!

 

10年間に延べ人数2098人が90日で視力0.8まで回復した実績あるプログラムです。

 

「眼球周辺の筋肉を鍛える」「動体視力を鍛える」に特化した中身でスポーツ選手もアイトレーニングを採りいれています。

 

視力回復トレーニング手法としては定石の遠近法やトレーニングミュージックを使ったテンポの良い訓練、紐とビーズを使ったトレーニングなど多彩です。

 

アイトレーニングは下の公式HPから買い物できます。

 

もちろん子供だけでなく大人も視力回復できます。

 

親子で取り組んでもみても良いですね。

 

 

 

どんな視力の状態の子でも効果があるの?

アイトレーニングは小学生、中学生、高校生でも成果があります。

 

とはいっても視力回復には限度はあります。

 

・より若い子のほうが成果が出やすい性質がある(高校生よりは小学生のほうが回復しやすい)
・定期的にきっちりトレーニングを続けないと影響は限定的
・強性近視(視力検査して0.2以下)(絶対前もってフリー視力回復確検査を行って下さい)
・弱視・斜視はアフターケア対象外

 

上述のように近視と一言で言ってもきっかけは多いです。

 

アイトレーニングをもってしても視力を希望まで上げきることができない場合もあるので覚えておきましょう。

 

本当は視力を回復する事は決してできないことではないのです。

 

容易にいかないのは「回復した視力を維持する事」です。

 

ダイエットと同じで毎日の暮らしの中で視力低下を招く習性を改善しなければ再び元の視力に逆戻りしかねません。

 

返金保証があるとはいえ決して安価とは言えない教材です。

 

視力回復トレーニングキットに依存するだけでなく毎日の暮らしの環境も改善しましょう。

 

アイトレーニングには、視力低下阻止法も記載されています。

 

子供の視力回復には両親のアフターケアが欠かせません。

 

子供に投げっぱなしでなく親子でいっしょに楽しく取り組みましょう。

 

 

 

アイトレーニングはどれくらいの期間実践すれば効果が出てくるのか

アイトレーニングを行うと早くて数週間、遅くても3ヶ月ほどで成果が出ていきます。

 

しかし、ここで言う「成果」とは視力が0.1でも上がる事を指します。

 

視力が0.2だったのを1.5に上げたいと要求するのは少々厳しいと言えるでしょう。

 

視力検査でC判定がBに上がった、メガネなしでも黒板が見えるようになった、と一歩づつ成果が体感可能になっていくはずです。

 

視力回復は魔法ではないのです、地道な努力と普段の暮らしの中での改善の積み重ねです。

 

とは言っても退屈なプログラムではなく、飽きやすい子でも取り組みやすいゲーム要素が強いトレーニングです。

 

どうぞ父母がアフターケアしながら遊び感覚で取り組んでいきましょう。

 

 

 

アイトレーニングの教材は返金保証もある

アイトレーニングの代金は決して安価ではないのです。

 

そのため、全額返金保証があります。

 

ショッピング日から180日間ならマニュアル代+アフターケア代12000円が払戻しされます。
(振り込み手数料は自分負担)

 

しかし全額返金保証には前提があります。

 

「絶対我が家で測った視力で2ヶ月間トレーニングしても0.1も視力が上がらなかったケース」のみ適用されます。

 

トレーニングをしっかり行ったという証拠としてトレーニングチェック表も提示しないといけません。

 

 

アイトレーニングを行っている実店舗「アイトレーニング視快研」もある

「アイトレーニング視快研」は視力回復を目指す教室(視力回復センター)で「目のフィットネスジム」と謳っています。

 

田中謹也氏も経営者の一人でもあります。

 

アイトレーニング視快研はジムや塾のように通い続け、一定期間の間エキスパートの指導を得ながら視力回復のトレーニングを続けます。

 

アイトレーニングが自主トレだとしたらアイトレーニング視快研は部活のようなものです。

 

自分一人や子供だけではダラけてしまう、教材だけではうまく実践できない子には最適でしょう。

 

息子だけでなく大人でも通っている人もいます。

 

 

アイトレーニング視快研の場所

アイトレーニング視快研は全国にあります。

 

アイトレーニング視快研は都会よりむしろ地方に多い傾向があるようです。

 

最寄りの店があれば検討しても良いでしょう。

 

ただし自宅で行うアイトレーニングよりも実店舗の方が価格がはるかに高くなることは頭に入れておきましょう。

 

・アイ・トレーニング視快研北大阪 大阪府豊中市末広町2-1-4 
(最寄り駅 阪急豊中駅)

 

・アイ・トレーニング視快研岡山(中国岡山地方本部) 岡山県岡山市清輝橋3ー8ー13ー1F
(最寄り駅 JR大元駅)

 

・アイ・トレーニング視快研究山形 山形県山形市宮町2ー2ー20 
(最寄り駅 JR北山形駅)

 

・アイ・トレーニング視快研 与野 埼玉県さいたま市中央区鈴谷3ー9ー19
(最寄り駅 JR埼京線南与野駅)

 

・アイ・トレーニング視快研 北島 徳島県板野群北島町中村字上地26-1-1F 
(県道松茂吉野線・北島町役場そば)

 

・アイ・トレーニング視快研 松山 愛媛県松山市朝生田町7ー1ー32 
(最寄り駅 私鉄いよたちばな駅)

 

 

アイトレーニング視快研の価格

アイトレーニング視快研は、お店なので費用がかかります。

 

(プライスは税抜き)
田中謹也氏が運営するアイトレーニング視快研の料金は

 

・入会金14000円
・近眼コース 全20回 40000円
・クイックコース 全10回 15000円(視力が片目0.7以上の方のみ)になります。

 

先生が付いて直に講習を受けるのである程度の高い値段になるのは仕方ないのです。

 

旅費交通費がさらにかかりますが、その場で質問可能な、仲間がいるから励みやすいのはメリットでしょう。

 

 

視力センターと教材の比較

視力センターのプライスは最低でも5万円以上はかかると思っておかないといけません。

 

更に旅費交通費も必要になるので実質はこれ以上出費がかさみます。

 

アイトレーニング視快研のような視力回復センターは、決して暴利ではなく人件費や施設代があるので多額なのは致し方ないでしょう。

 

その代わりエキスパートが直接指導するのでだらけたりサボったりする暇もないのです。

 

より確実にその場で指導が受けられるのは大きな強みです。

 

一方で視力回復教材なら16500円。

 

自らのペースで取り組めるのでマイペースな人向けです。

 

とはいっても自主トレになるので自律が可能な子向けです。

 

買い物してから3ヶ月間ならメールでの相談はフリーです。

 

視力回復センターのお店が開いている時間帯なら電話でも質問できます。

 

ささやかな質問でも煩わしいがらずに質問可能なので、子や父母のバックアップがあれば自分の家で視力回復トレーニングを行っても効果が上がるでしょう。

 

視力回復センターも視力回復教材のどっちも一長一短で良いところがあります。

 

自らに合う最適なやり方で視力アップを目指してみませんか。

 

 

 

よく読まれている人気記事

視力回復教材人気ランキング
アイトレーニング 田中謹也 詳細ページ
【ネタバレ】田中謹也のアイトレーニングを実際に買ってみた!【リアルな口コミ・レビューを掲載中】
【自腹購入】徳永式視力回復 徳永貴久 レビュー
川村明宏のジニアスアイ 購入してみたネタバレレビュー