アイトレーニングの方法とやり方

アイトレーニングの方法とやり方

 

 

昔は本やテレビ、今現在はスマートフォンや携帯ゲームなどがきっかけで、ますます子供の視力低下が叫ばれています。

 

レーシックなどの手術による視力回復や視力アップの需要は、ますます高まっています。

 

ただし、現時点での視力回復メソッドは自覚症状も危機感も乏しい子供にはすぐにできないものばかりで、中にはレーシック手術のように危険な手術もあるのが現状です。

 

気楽にできない視力回復治療を頑張っても改善しない事例も少なくないのです。

 

そんな中でも、「子供でもすぐに実践できる視力回復トレーニング」の第一人者がアイトレーニングの田中謹也氏です。

 

田中謹也氏のアイトレーニング法は単純明快で、子供でも手軽に行えます。

 

無論、成人でもできるトレーニング方法なので、親子で視力低下を抑え、視力回復に挑戦する事もできます。

 

特典としてついてくるブロックストリングスという視力回復器具でトレーニングしていくアイトレーニングの方法について見てみましょう。

 

田中謹也氏のアイトレーニングに使うのが、長い組み紐と、紐に通した3色のビーズだけ。
(トレーニングキットに付属しています。)

 

トレーニング方法は非常にシンプルです!

 

1、紐の端を壁や柱に固定し、地面と平行になるよう引っ張る(椅子に座って行うと、大人なでもトレーニングできます。可能なら座った際の目の位置に固定しましょう。)

 

2、距離が異なる3色のビーズを、順番に従って数秒づつ見つめる

 

以上です。
(これ以外にも3種類のトレーニング手段があります)

 

以下の文章で、わたしがアイトレーニングを買ってみてトレーニングを体験してみた時、手順も併せて解説しています。

 

アイトレーニングに興味がある人は参照ください。

 

 

毎日、寝る前に2分ほどアイトレーニングでトレーニングを行っていきます。

 

また回復した視力を維持するために、朝昼夜に各3分ほど訓練を行います。

 

アイトレーニングによる訓練をくせ付けするまではわずか、忘れることもあるかもしれませんが、トレーニング内容はたった数分の手間なので直に慣れるでしょう。

 

遊びながら楽しく視力回復の訓練ができてしまうのもアイトレーニングの良いところです。

 

あまりに単純明快なやり方なので不安になるかもしれません。

 

ただし、このトレーニングで子供も成人も視力回復に繋がります。

 

 

田中謹也のアイトレーニングで視力が回復する理由

なぜ、このアイトレーニングを続けるだけで視力が回復するのでしょうか。

 

眼の瞳の上下には、毛様体筋という筋肉があります。

 

毛様体筋は瞳のレンズ、水晶体に繋がり、引っ張ったり緩めたりします。

 

近くを見るときは力を入れて水晶体を縮め、遠くを見る際は緩んで水晶体を広げます。

 

一眼レフのカメラでは手動でピントのすり合わせをする事もありますが、毛様体筋はカメラマンのすり合わせをする手と同じです。

 

けれども、どんどん近くばかりを見ていると毛様体筋が緊張し続け、やがてその場で固まってしまいます。

 

これを放置しておくと水晶体が変形し近くを見ることしかできなくなってしまいます。

 

田中謹也氏のアイトレーニングは、毛様体筋のストレッチです。

 

「眼のピント当てを正しく行うためのストレッチ」を行う事で、視力回復は言うまでもなく両眼でものを見て、遠近感や立体感を捉える力も上がります。

 

想像以上に片目だけで見ている人が多く、道や通路のデコボコに気づかず転倒する事も少なくないのです。

 

それを防ぐためにも視力回復トレーニングは非常に大事です。

 

田中謹也氏の視力回復トレーニング法アイトレーニングは、単なる視力回復だけでなく、左右でちゃんと見る目の機能を鍛えられるのは大きな長所です。

 

 

よく読まれている人気記事

視力回復教材人気ランキング
アイトレーニング 田中謹也 詳細ページ
【ネタバレ】田中謹也のアイトレーニングを実際に買ってみた!【リアルな口コミ・レビューを掲載中】
【自腹購入】徳永式視力回復 徳永貴久 レビュー
川村明宏のジニアスアイ 購入してみたネタバレレビュー